妊娠後の気持ちの変化

マタニティブルー

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる例が多いのが実情です。治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。私はもうじき40歳ですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、いっそう精神的に疲れてきました。妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも大切だと思います。両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が劣悪だと卵子や精子の活発さは、あまり期待できないでしょう。妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。バランス良く健康的な食習慣を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。この妊活は女性がやるものだという印象が強いかと思います。ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それが葉酸の摂取です。ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母親側だけの問題かというとそうではなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。ですから、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。赤ちゃんを授かったという事で栄養指導を受けたり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。はかには、野菜もそうですね。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、食材を調理するようにしましょう。妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、葉酸を摂りすぎる場合がありますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。そうした場合、サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて一目瞭然ですので、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には最適な方法だと言えますね。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、ほかにも、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。夫婦どちらに対しても是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。それでは、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、どのようなリスクがあるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天的な障害を発症しやすくなるというデータがあるのです。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取をお勧めします。ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。